メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

9秒台、進む高速化 男子100 山県が銅

陸上男子100メートル決勝、3位でフィニッシュする山県亮太(右端)。左から2人目は優勝した中国の蘇炳添=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月26日、徳野仁子撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第9日の26日、陸上の男子100メートル決勝が行われ、史上まれに見る高いレベルのレースとなった。決勝で蘇炳添(中国)が出した大会新記録の9秒92は昨年のロンドン世界選手権の優勝タイムと同じ。山県亮太(セイコー)の出した自己記録タイの10秒00は2010年広州(中国)大会以前では優勝に相当する記録だった。

 昨年の世界選手権の決勝でジャスティン・ガトリン(米国)が出した記録も9秒92だった。山県は二つ右の…

この記事は有料記事です。

残り915文字(全文1130文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. なるほドリ 「あびき」って何? /長崎
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです