メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

アーチェリー混合リカーブ 古川・杉本組が金

 ジャカルタ・アジア大会は第10日の27日、アーチェリーで初採用の混合リカーブで、古川高晴(近大職)と杉本智美(ミキハウス)が組んだ日本はカン・ウンジュとパク・ヨンウォンの北朝鮮に6-0で快勝し、金メダルに輝いた。

男女で満点、東京へ期待/初代覇者、古川ほえる

 最後に10点満点を決めると、男子の古川がほえた。東京五輪の新種目となるアーチェリー混合リカーブ決勝。日本は女子の杉本と古川が交互に矢を放ち、北朝鮮に完勝した。アジア大会の初代覇者となり、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  4. 習志野が10年ぶり初戦突破 一回に猛攻 日章学園降す
  5. 明豊が三回一気に逆転 横浜・及川は5点を奪われ降板

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです