メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

銀のタカマツ組 東京五輪で勝つために

女子ダブルス決勝で中国ペアと対戦し最終セットで相手スマッシュを決められる高橋礼華、松友美佐紀組=ジャカルタで2018年8月27日、宮間俊樹撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第10日の27日、バドミントンの女子ダブルス決勝があり、2016年のリオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は17年世界選手権優勝の陳清晨、賈一凡組(中国)に敗れ、2大会連続の銀メダル。この種目の日本勢では、1970年バンコク大会の相沢マチ子、竹中悦子組以来、48年ぶりの優勝はならなかった。

 第2ゲーム、20-21で中国ペアのマッチポイント。最後まで強気に打ち込み続ける相手ペアにスマッシュ…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文829文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです