メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

空手女子組手で銅の宮原 雰囲気にのまれた

 ジャカルタ・アジア大会は第10日の27日、空手の女子組手50キロ級があり、2016年世界選手権準優勝の宮原美穂(帝京大)が銅メダルを獲得した。日本女子の最軽量級で1998年バンコク大会の藤岡映里以来20年ぶりの優勝はならなかった。

 期待された金メダルを逃し、21歳の宮原の目から涙がこぼれた。「世界選手権は楽しかったけど、今回は初めて試合が怖いと思った」。初の国際総合競技大会と、駆けつけた地元インドネシアの大応援団の雰囲気にのまれた。

 身長155センチと小柄だが、天性のばねを生かした高い攻撃力が特徴だ。指導する帝京大の香川政夫監督は…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文666文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです