メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第1部 語る/2 戦争の記憶と天皇、歴史つないだ慰霊

戦後60年で訪問されたサイパン島で「中部太平洋戦没者の碑」に供花し黙とうする天皇、皇后両陛下=2005年6月28日、代表撮影

 小松浩主筆 小熊さんが平成を考える時に、戦争という日本人の記憶の基盤が失われていったと指摘されました。もう少し詳しくお話しいただけますか。

 小熊英二氏 政治学者の丸山真男がある論文で「国民とは国民たろうとするものである」と書いています。言語や風俗、文化的伝統などを共有しているだけでは、「たかだか人民ないし国家所属員であって、『国民』ではない」と言う。政治的な集合意識と共通の政治行動の記憶を持っていなければ、人間が集まっていても国民とは言えないという意味で解釈すればそうでしょう。

 ナショナルヒストリーというものを作る場合、一番重要な要素は建国の戦争や建国の革命です。それが「国民…

この記事は有料記事です。

残り3414文字(全文3706文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです