メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

男子20キロ競歩 山西、終盤及ばず銀

陸上男子20キロ競歩、15キロ過ぎ、中国の王(右)と競り合う山西=徳野仁子撮影

 【ジャカルタ小林悠太】念願の金メダルには6秒届かなかった。ジャカルタ・アジア大会第12日の29日、陸上の男子20キロ競歩で山西利和(愛知製鋼)が1時間22分10秒で銀メダル。一騎打ちとなった王凱華(中国)に最後の500メートルで振り切られた。山西は「納得いかない。最低限勝ちたかった」と悔やんだ。

 10キロ過ぎから王凱華の斜め後ろにぴたりとつけた。レースが動いたのは残り約500メートル。王凱華が急激にペースを上げると、暑さで消耗していた山西は反応できなかった。両手を膝についたまま、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです