メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 札幌出張の機会に北海道夕張市を訪ねた。リニューアルされた石炭博物館では、石炭が1888年に発見され採掘のために約12万人を数えた人口が、現在の8225人となるまでを俯瞰(ふかん)できる。模擬坑道では採掘技術の変遷も知ることができた。石炭は江戸時代にはすでに使われていた。しかしその採掘のために人口が急増することも激減することもなかった。温暖化をはじめ私たちの世界に大きな変化をもたらし、生きる上での困難の原因になるのは、石炭や石油そのものではない。エネルギーの膨大な使用なのである。

 法政大学と夕張市は協力協定を結んでいる。学生によるボランティア活動やゼミ合宿など、夕張市を訪問した…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文777文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」
  3. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです