メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 札幌出張の機会に北海道夕張市を訪ねた。リニューアルされた石炭博物館では、石炭が1888年に発見され採掘のために約12万人を数えた人口が、現在の8225人となるまでを俯瞰(ふかん)できる。模擬坑道では採掘技術の変遷も知ることができた。石炭は江戸時代にはすでに使われていた。しかしその採掘のために人口が急増することも激減することもなかった。温暖化をはじめ私たちの世界に大きな変化をもたらし、生きる上での困難の原因になるのは、石炭や石油そのものではない。エネルギーの膨大な使用なのである。

 法政大学と夕張市は協力協定を結んでいる。学生によるボランティア活動やゼミ合宿など、夕張市を訪問した…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
  4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです