メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

73年後の夏

戦争と表現者たち/5止 記憶つなぐフィクション

小説「ディレイ・エフェクト」と、新連載「遠い他国でひょんと死ぬるや」。いずれも戦争を取り上げている

 東京五輪を控えた2020年の東京に、1944年の光景が半透明で現れる。社会は当初パニックになるが、奇妙な状況を半ば受け止めていく。45年になり、人々は悲惨な光景に立ち会うことになる……。<空襲警報が鳴った。やがて、ひゅう、ひゅうと大気が喘息(ぜんそく)を起こした。焼夷(しょうい)弾の投下だ>

 作家の宮内悠介さん(39)は今年2月に刊行した小説集『ディレイ・エフェクト』(文芸春秋)の表題作で、戦中の生活と空襲の光景を取り上げた。現実の中に、まるで音楽の遅延効果(ディレイ・エフェクト)のように戦中の光景が流れ出すという奇抜な設定だ。

 作中で主人公の男性が暮らす家庭では、<茶の間と重なりあったリビングの、ソファと重なりあった半透明の…

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1296文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノルウェー豪華客船がエンジン故障 1370人乗せたまま航行不能に
  2. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 不正受給 尼崎市、介護施設事業者の指定を取り消し /兵庫
  5. 広瀬すず 100作目朝ドラヒロインは必然 強運引き寄せる「完璧主義」と「負けず嫌い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです