メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート

浄化される「昭和」=山内マリコ(作家)

 1964年の東京オリンピックの際、都内のいたる所を流れていた臭いドブ川が暗渠(あんきょ)となり、街並みが“浄化”されたことはよく知られている。貧しさを恥じ、よその国から隠そうという気持ちが働くのだろうか。

 再びオリンピックを前に、東京のあちこちが普請中だ。今回浄化しようとしているのは、貧しさではなく「昭和」のように思える。上野こども遊園地など、ギリギリ持ちこたえていた昭和の素朴な味わいのある施設が、反対も虚(むな)しくすでに消されてしまっている。

 小説家の干刈あがたさんが書かれた、『予習時間』という短編を読んだ。43年生まれの干刈さんが、中学生…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  3. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  4. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです