メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート2018

浄化される「昭和」=山内マリコ(作家)

 1964年の東京オリンピックの際、都内のいたる所を流れていた臭いドブ川が暗渠(あんきょ)となり、街並みが“浄化”されたことはよく知られている。貧しさを恥じ、よその国から隠そうという気持ちが働くのだろうか。

 再びオリンピックを前に、東京のあちこちが普請中だ。今回浄化しようとしているのは、貧しさではなく「昭和」のように思える。上野こども遊園地など、ギリギリ持ちこたえていた昭和の素朴な味わいのある施設が、反対も虚(むな)しくすでに消されてしまっている。

 小説家の干刈あがたさんが書かれた、『予習時間』という短編を読んだ。43年生まれの干刈さんが、中学生…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文735文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです