メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 8月下旬、休暇を利用し、自家用車で山形県から東京都の実家に帰る途中のことだ。立ち寄った栃木県内のサービスエリアで「東京、神奈川へ」と手書きのボードを手にした男性がいた。見知らぬ人を乗せることに少々ためらいはあったが思い切って声を掛け、東京まで送ることにした。

 高知県で絵描きをしているという男性は30代。もともとは建設会社などに勤務していたが、発達障害やてんかんの症状もあってなじめず、今は全国をヒッチハイクしながら趣味の絵を描き続けているという。「最初は誰も声を掛けてくれないと思ってい…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文613文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏支持へ
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 国立病院機構 大分医療センターで死亡した女性遺族が提訴
  4. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  5. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです