メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 8月下旬、休暇を利用し、自家用車で山形県から東京都の実家に帰る途中のことだ。立ち寄った栃木県内のサービスエリアで「東京、神奈川へ」と手書きのボードを手にした男性がいた。見知らぬ人を乗せることに少々ためらいはあったが思い切って声を掛け、東京まで送ることにした。

 高知県で絵描きをしているという男性は30代。もともとは建設会社などに勤務していたが、発達障害やてんかんの症状もあってなじめず、今は全国をヒッチハイクしながら趣味の絵を描き続けているという。「最初は誰も声を掛けてくれないと思ってい…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文613文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  4. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  5. 露大統領 プーチン氏「領土、容易に妥協せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです