メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「防護服像」市民賛否の中、撤去へ 市長謝罪「合意形成欠いた」 /福島

 東京電力福島第1原発事故からの再生を願って作られた子ども像「サン・チャイルド」が、教育文化施設「こむこむ館」(福島市早稲町)に設置されて1カ月足らずで撤去されることになった。市が実施したアンケートでは、7割が撤去や移設を求めると回答したが、市民からは撤去に賛否双方の声が上がった。【宮崎稔樹、岸慶太、柿沼秀行】

 木幡浩市長は28日夕の記者会見で、風評への懸念や設置場所に問題があるなどの声が多かったと紹介した上…

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1028文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  2. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  3. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  4. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです