メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木更津市

活性化協、きょう発足 中心市街地、再開発計画策定へ /千葉

 百貨店「木更津そごう」が2000年に撤退するなどで空洞化が進む市街地の再生に向け、木更津市は29日、官民で中心市街地活性化協議会を発足させる。来年末までに基本計画をまとめ、再開発事業に取り組む方針だ。

 対象エリアは、JR木更津駅を挟んで東西約1・3キロに広がる広さ約100ヘクタールの市街地。

 協議会はJR東日本と木更津商工会議所、住民、学者など20人で構成し、市の策定する「中心市街地活性化基本計画」にアイデアを提案する。

 市は同基本計画を来年12月にまとめ、国土交通省などの計画認定を受け、交付金などを獲得し、活性化事業…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文585文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです