メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キラリ☆TOYAMAのガラス人

/36 流動研究所アシスタント・菊地大護さん /富山

菊地大護さん=富山市婦中町富崎の流動研究所で、青山郁子撮影

夢は古里で異分野コラボ 見てくれ!「俺の人生」 菊地大護さん(20)=富山市婦中町富崎

 中学生の時、テレビで見た吹きガラス作家の制作風景が運命を決めた。「かっこいいし、楽しそう」。自分も仕事にできたら、とガラス関係の学校をインターネットで検索し、富山ガラス造形研究所(富山市西金屋)を見つけた。

 それまで美術とは無縁だったため、受験科目のデッサンや彫塑は全く未経験。受験の準備のため、デザイン工学科がある高校に進学した。授業だけでは不十分だと思い、美術の先生に頼んで朝夕、特別指導も受けた。

 猛勉強のかいあって、無事合格、初めて吹きガラスに触れた。技術を高めるため2年間授業に没頭。作りたい…

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1127文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです