メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今日も天気で

37日間 天気図にずっと台風=鮫島弘樹 /愛知

 先週は台風19号、20号のダブル台風が日本列島を襲いました。台風20号は徳島県に上陸し、各地に被害をもたらしました。また、ダブル台風は雨や風だけでなく、暑さももたらしました。台風からの暖かい南風が本州の山を越えてフェーン現象を起こし、新潟県胎内市や三条市などで最高気温が40度を超える猛暑となりました。

     この夏は日本の南海上で海面水温の高い状態が続いています。そのため、大量の水蒸気が蒸発して台風のもとになる積乱雲がどんどん作られるため、息つく間もなく台風が発生しています。この7、8月は天気図のどこかに台風が描かれているくらい、台風が多く発生しています。

     特に7月19日の天気図に登場した台風10号から、先週のダブル台風が日本海に抜けた24日までの37日間は、1日も休むことなく天気図上に台風が存在し続けました。夏の間は台風を押し流す風が弱いため、台風の動きが遅くなることが多く、台風がウロウロしている間に次の台風が発生したことが原因の一つと考えられます。

     25日に台風19号が温帯低気圧に変わり、天気図から台風はなくなりましたが、早くも28日に台風21号が発生しました。台風シーズンはまだ続きますから、21号の動きにも注意が必要です。そして天気図には日本海に延びる秋雨前線も描かれるようになりました。前線の北には秋の涼しい空気が控えています。これから秋雨前線が南下してくるたびに影響を受けるようになり、少しずつ秋が近づいて来るようになります。(気象予報士・写真部)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです