メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

リンゴの産地=福本容子

 <sui-setsu>

 真夏はリンゴの季節ではないから、店頭の種類も少なめ。と思っていたら、大きな青森県産「ふじ」の傍らに、かわいらしいニュージーランド産を見つけた。南半球は今、冬。貿易は消費者の選択肢を増やしてくれる。

 青森県産のリンゴは、青森で育ち出荷される。ニュージーランド産のリンゴも同様。皮が青森産、果肉は長野産、果汁はニュージーランド産というリンゴはまずない。

 ところが、あった。スマートフォンのアイフォーンで知られるアップルの製品だ。

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文992文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです