メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

首相、露出控え「安全運転」 無投票時並みの少なさ

安倍晋三首相が「目玉政策」を打ち出した時期

 自民党総裁選の告示が9月7日に迫る中、安倍晋三首相(63)が総裁選絡みの露出を抑制している。28日には総裁選の公約ビラをまとめたが、無投票再選を果たした2015年総裁選と同レベルの表裏1枚の簡潔なもので、報道機関への配布や記者会見は行わずに党所属議員らに配布しただけだった。告示日まで会見の予定もなく、メディアに露出して首相を批判する石破茂元幹事長(61)とは対照的な「安全運転」だ。

 「アベノミクスの良い点を加速させ、足らない点はカバーして完成形に持っていく」

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文866文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  4. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  5. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです