メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

旧優生保護法、救済に転じた北海道 道庁動かした「過酷な記録」=田所柳子(北海道報道部)

北海道が開示した旧優生保護法下で手術を受けた人々の名簿。個人情報は黒塗りされていた=札幌市中央区で6月14日、貝塚太一撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らが不妊手術を強制された問題は、全国最多の2593人が手術された北海道において最重要課題の一つとなった。道幹部らからは当初、「国の法律に従っただけ」と消極的な発言も出たが、過去の過酷な実態が明らかになるにつれ、真相解明と当事者救済の対策を次々と打ち出した。国の動きはいまだ鈍いが、地方での行政の姿勢の変化に希望が見えた。

この記事は有料記事です。

残り1858文字(全文2040文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです