メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーストラリア

新内閣、新味乏しく モリソン首相、党内融和図る

モリソン首相=ロイター

 【シドニー共同】オーストラリアのモリソン首相の内閣が28日、連邦総督に就任宣誓し、新政権が正式発足した。主要閣僚の顔ぶれは大半が留任かポストの横滑りで新味に乏しい。モリソン氏は24日の与党、自由党党首選で敗れたダットン前内相を再び内相に起用するなど、党首選で分裂した党内の融和を目指した布陣となった。

 モリソン氏はターンブル前首相の側近で、党内でも比較的穏健派とみられ、基本政策に大きな変更はないもよ…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文441文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです