メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

育児と企業

改革の現場から/中 男性ためらう育休 仕事の穴埋め、職場で模索

メルカリではスマートフォンなどを使った社内対話ツールが充実しており、育休中でも職場と情報共有しやすいという=今村茜撮影

 「ここに転職しなければ2人目の子供を持とうとは思わなかった」。フリーマーケットアプリを手がけるメルカリの技術職、新井啓太さん(40)は、男性が育休を取るのが当たり前という社内環境が、妻との間で第2子出産を決意する大きな動機になったと振り返る。

 長女(4)が生まれた際に勤めていた通信会社では、男性社員の育休取得に理解が得られる雰囲気ではなかった。上司や同僚からも「取らなくてもどうにかなるだろ」と言われ断念。海外出張も多く、育児は妻に任せきりの状態になった。デザイナーの仕事をしながら育児に当たる妻の負担は重く、「2人目はあきらめよう」というのが2人が出した結論だった。

 しかし、2014年に転職したメルカリでは、小泉文明社長(37)が自ら2カ月間の育休を取るなど、男女…

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1130文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  2. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  3. 青森 グーグルマップ改ざん 中学校名に「いじめ」
  4. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです