メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外白鵬が秋場所V 幕内通算1000勝
NAFTA

日本車、生産見直しも 対カナダ交渉注視

北米における日本の自動車大手の生産台数(2017年)

 米国とメキシコが北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で、自動車関税をゼロにする条件の厳格化で大筋合意したことで、日本の自動車メーカーの多くが生産体制の見直しを迫られる可能性が出てきた。メキシコなどで生産した自動車を米国に輸出しているためで、各社は今後始まるカナダとの交渉の行方を注視している。

 現行のNAFTAでは、域内で一定以上の部品を調達した自動車を関税ゼロで輸出できる「原産地規則」があり、現在は62・5%を調達して組み立てることが条件だ。

 日本メーカーを含む各国の自動車メーカーは関税ゼロのメリットを受けるため、特に米国やカナダの3分の1…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文860文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  3. 食品衛生法違反 食中毒出し営業続行 容疑の料理店、書類送検 小牧署 /愛知
  4. 交通事故 青森の国道で車4台衝突 3人死亡、5人けが
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです