メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NAFTA

日本車、生産見直しも 対カナダ交渉注視

北米における日本の自動車大手の生産台数(2017年)

 米国とメキシコが北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で、自動車関税をゼロにする条件の厳格化で大筋合意したことで、日本の自動車メーカーの多くが生産体制の見直しを迫られる可能性が出てきた。メキシコなどで生産した自動車を米国に輸出しているためで、各社は今後始まるカナダとの交渉の行方を注視している。

 現行のNAFTAでは、域内で一定以上の部品を調達した自動車を関税ゼロで輸出できる「原産地規則」があり、現在は62・5%を調達して組み立てることが条件だ。

 日本メーカーを含む各国の自動車メーカーは関税ゼロのメリットを受けるため、特に米国やカナダの3分の1…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文860文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  2. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
  3. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 男性教諭 酔って家庭訪問 ばちで児童殴打 大阪・懲戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです