メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

企業会計にもっと確率概念を=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 企業会計は財務の現状を正確に描写することだが、帳簿の計数を単に写し取るだけではない。実際には、保有資産の多くは将来予想収益の割引現在価値を求めて資産価値を確定する必要があり、将来予測の作業も量的には多い。

 少々面倒な作業だが、金融市場では売買価格の決定のため、この作業を日々行っている。例えば株価は、その会社の将来収益の予想に基づき提示される価値評価であるが、その時々の多数の投資家の見方を公正に集約したものである。このため会計実務では、市場価格を公正価値(フェアバリュー)とみなし、財務諸表への記載を認めている。

 問題は、そうした売買市場がない貸し出し資産やのれん代の価値を確定する場合だ。この場合はモデル計算に…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文723文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです