メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

企業会計にもっと確率概念を=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 企業会計は財務の現状を正確に描写することだが、帳簿の計数を単に写し取るだけではない。実際には、保有資産の多くは将来予想収益の割引現在価値を求めて資産価値を確定する必要があり、将来予測の作業も量的には多い。

 少々面倒な作業だが、金融市場では売買価格の決定のため、この作業を日々行っている。例えば株価は、その会社の将来収益の予想に基づき提示される価値評価であるが、その時々の多数の投資家の見方を公正に集約したものである。このため会計実務では、市場価格を公正価値(フェアバリュー)とみなし、財務諸表への記載を認めている。

 問題は、そうした売買市場がない貸し出し資産やのれん代の価値を確定する場合だ。この場合はモデル計算に…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文723文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 事故 声優の平野綾さんが追突 けがなし 東京
  2. 沖縄県警 県営住宅に女性遺体 打撲痕あり
  3. 古典落語 英・中・韓3カ国語で上演 大阪で28日
  4. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです