メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊問題を2日間集中講義 北里大医学部

旧優生保護法下での強制不妊の問題について、医学生に問いかける斎藤有紀子准教授(手前)=相模原市の北里大相模原キャンパスで2018年8月28日

 旧優生保護法(1948~96年)下で行われた強制不妊や優生思想について医師の卵に考えてもらおうと、北里大医学部(相模原市)で28日まで2日間、集中講義があった。1年生62人が受講し、被害者の証言映像や本紙などの新聞記事をもとに議論を重ね、どう向き合うべきか考えた。

 斎藤有紀子准教授(生命倫理)による「医学原論」の授業。例年このテーマ…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです