メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

アーティスティックスイミング 乾・吉田組、デビュー戦で銀 結成2カ月「演じ切った」

デュエット・フリールーティン決勝で2位に入った乾友紀子(左)・吉田萌組の演技=ジャカルタで2018年8月28日、宮間俊樹撮影

 (第11日・記録は共同など)

 アーティスティックスイミングのデュエット・フリールーティン(FR)で乾友紀子(井村ク)、吉田萌(ザ・クラブピア88)組は92・1000点となり、テクニカルルーティン(TR)との合計182・3363点で銀メダルを手にした。日本は2002年釜山(韓国)大会の立花美哉、武田美保組以来となる優勝はならなかった。

 会心の演技を披露しても、中国の高い壁にはね返された。双子の蒋〓〓、蒋文文組(中国)がTR、FRとも…

この記事は有料記事です。

残り1156文字(全文1374文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  3. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん
  4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  5. 高校ラグビー 札幌山の手、花園切符一番乗り 南北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです