メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

飛び込み 男子シンクロ 坂井・寺内組、銅

飛び込み男子シンクロ3メートル板飛び込み決勝、寺内健(奥)、坂井丞組の5回目の演技=ジャカルタで2018年8月28日、宮間俊樹撮影

 (第11日・記録は共同など)

 飛び込みの男子シンクロ板飛び込みで坂井丞、寺内健組(ミキハウス)が408・57点で銅メダルを獲得した。2002年釜山大会から始まったこの種目で日本勢のメダル獲得は初めて。06年ドーハ大会以来のアジア大会の表彰台となった38歳の寺内は「率直にうれしい」と喜んだ。

 寺内と26歳の坂井が持ち味を存分に発揮した。4連覇中の中国が序盤から大きく抜け出す展開だった。2人は前半3本を終えて2位につけたがマレーシアを挟み、4位の…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文561文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです