メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

陸上 男子110メートル障害 高山、銅

アジア大会の陸上男子110メートル障害で3位に入った高山峻野=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月28日、徳野仁子撮影

 (第11日・記録は共同など)

 陸上の男子110メートル障害決勝が行われ、高山峻野(ゼンリン)が13秒48で銅メダルを獲得した。この種目で日本勢のメダルは、2006年ドーハ大会の内藤真人の銅メダル以来、12年ぶりとなった。

日本勢12年ぶり

 最後は必死の思いだった。最後の10台目のハードルを越えて、一つ左のレーンのムワラド(サウジアラビア)と3番手を争っていることが分かった。けがも恐れず、胸を思い切り前に突き出してフィニッシュすると勢い余って転倒した。0秒02差でムワラドに先着し、「意地でもメダルを取りたいと思って飛び込んだ。満足している。海外の試合で初めてのメダル。これ以上ないレースです」と興…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文752文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです