メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

安心のために/2 世間話で早期発見 住民の中へ、看護師飛び込む

「テレビが話し相手」とこぼす高齢女性と談笑する中上奈津恵さん(右)。奥は医師の野村信介さん=奈良県山添村大西で

 奈良県北東部の山あいにある人口約3600人の山添村。茶畑に囲まれた古い平屋の建物で、地元の看護師、中上(なかうえ)奈津恵さん(42)が数人のお年寄りと談笑していた。「本当に、元気な人が急に亡くなっていくのよねぇ」。てきぱきとコーヒーやお茶を用意しながら、とりとめのない世間話に笑顔で相づちを打つ。

 地域活動を通じ、病気の予防や早期発見を目指す「コミュニティナース」の活動の一環だ。集いの場を設けたり、地域内を巡回したりと活動の形はさまざまだ。中上さんは村内の介護施設に勤務する傍ら、6月から毎週2、3回、午前中にボランティアでお年寄りと向き合う。

 2009年、結婚を機に県西部の市街地から夫の出身地の山添村に移り住んだ。近年、地域の結び付きが強い…

この記事は有料記事です。

残り1047文字(全文1371文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです