メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

大統領への逆風強まる 経済混乱、国会で批判続出

 イランのロウハニ大統領が28日、経済政策に関する国会の喚問に応じた。核合意を離脱したトランプ米政権による制裁再発動の影響でイラン経済は混乱しており、議員からはロウハニ政権の失政を批判する意見が相次いだ。8月に入り閣僚2人が弾劾されるなど、政権への逆風が強まっている。

 質疑に立った保守強硬派のナガビホセイニ議員は「(人口約8100万人のイランで)500万人が失業中だ。誤った政策のせいだ」と強調。同派のゾンヌーリ議員は「政府は米国…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  3. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  4. 東海第2原発 避難計画拒否を 石岡市長に市民団体 /茨城
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです