メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森

北東北初、犬形土製品が出土 三戸南部氏の居城

出土した犬形土製品=南部町で2018年8月28日、塚本弘毅撮影

 青森県の南部町教育委員会は28日、北東北最大の戦国大名、三戸南部氏の居城だった国史跡「聖寿寺館跡」(同町小向)で、中世の犬形土製品が出土したと発表した。これまで国内各地の有力大名の居城跡などで発見されているが、北東北では初めてで、本州北端まで広がっているのが確認された。【塚本弘毅】

 犬形土製品は、中世で安産祈願のお守りとして使用されたとされる。他の南部一族や家臣の館では出土しておらず、過去に聖寿寺館跡で出土した東北唯一の金箔(きんぱく)土器同様に、三戸南部氏の格式の高さや中央との交流を示す貴重な手がかりと考えられるという。

 出土したのは当主が居住していたとされる中心区画。手で粘土を成形した手づくね製犬形土製品(高さ3・5…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文717文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです