メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀県警

事故調書を不正書き換え、警部ら3人書類送検

 交通事故の実況見分調書を不正に書き換えたとして、滋賀県警の警部ら3人が虚偽有印公文書作成・同行使容疑で今月、書類送検されていたことが29日、県警への取材で分かった。

     書類送検されたのは県警交通部に所属する、いずれも男性の50代の警部と、部下の30代の巡査部長と巡査長。

     県警によると、今年5月、巡査部長と巡査長は県内で起きた追突事故の実況見分調書を作成し、警部が決裁。調書を提出した上司の警視から「当事者の供述調書と整合しない」と差し戻されたが、3人は再捜査せず、車同士の位置関係を表す距離の数値を不正に書き換え、上司に虚偽の書類を提出した。

     3人は「犯罪という認識はなく、影響はないと安易に考えた」と話しているという。県警は警部を本部長注意、残り2人を所属長注意の処分にした。県警監察官室の松山孝室長は「公文書作成の基本を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。【小西雄介】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    2. ORICON NEWS えなりかずき、北川景子と夫婦役で初共演 結婚式写真は「家宝に」
    3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
    5. JR 春日駅ホームで点字誤表示 点字図書館の最寄り駅

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです