メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポケGO

アフリカ限定ポケモン「ゲット」 横須賀

人気ゲームアプリ「ポケモンGO」のイベント「サファリゾーン」で神奈川県横須賀市のヴェルニー公園に出現した「トロピウス」。本来はアフリカ地域限定で出現するポケモンという=横須賀市汐入町で2018年8月29日午前10時22分、大村健一撮影

 全世界で約8億5000万回ダウンロードされたスマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」のイベント「サファリゾーン」が29日、神奈川県横須賀市内の三つの公園で開幕した。今夏、ほかにドルトムント(ドイツ)、シカゴ(米国)でも開催された世界規模のイベントの一つ。これまでアフリカ地域のみで出現していた「トロピウス」など普段はめったに現れない貴重なポケモンを国内で「ゲット」できる機会で、来月2日までの期間中に約10万人が訪れる見込み。

     イベントは横須賀集客促進実行委員会が主催し、ゲームを開発、運営するナイアンティック社(米国)とポケモン社(東京都港区)なども協力。昨年、横浜市のみなとみらい地域で同内容のイベントが開催された際は、人が殺到し、一帯で携帯電話がつながりづらくなるなどのトラブルもあったが、今回は事前の抽選で当選した人のみ参加できる仕組みとしたこともあって大きなトラブルはなかった。

    人気ゲームアプリ「ポケモンGO」のイベント「サファリゾーン」で多くの人が詰めかけた横須賀市のヴェルニー公園=横須賀市汐入町で2018年8月29日午前10時15分、大村健一撮影

     旧海軍の戦艦「三笠」も近くに保存されている東京湾に面した「ヴェルニー公園」(同市汐入町)には、午前中から数千人が訪れ、スマホを手に珍しいポケモン探しに熱中していた。また、駅付近や商店街にもポケモンに関する横断幕や音楽が流れ、歓迎ムードに包まれた。

     イベントはほかに「三笠公園」(同市稲岡町)、「くりはま花の国」(同市神明町)でも開かれており、午前10時~午後8時。同市の観光協会も協力し、市内の対象店舗で税込み500円以上の買い物をしたレシート1枚とポケモンGOのゲーム画面を、商店街内にある3カ所の引き換え所で見せると、横須賀限定のステッカーと交換できるキャンペーンも実施している。【大村健一/統合デジタル取材センター】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    2. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫
    3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
    5. はやぶさ2 小型探査ロボット2台投下 小惑星に向け

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです