メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警察庁

児童虐待記録データベース化 全国警察で共有へ

 警察庁は2019年度から、児童虐待の疑いで全国の警察が対応した家庭の記録をデータベース(DB)化し、各警察本部が検索、閲覧できるシステムを導入する方針を決めた。対応が必要な家庭が転居しても、過去の情報を全国規模で共有することで、虐待事件を防ぐ狙いがある。

 同じ都道府県内で複数の警察署が扱った事案を共有するシステムは、一部の都道府県警で導入されている。しかし、他の都道府県警が情報を検索する仕組みはなく、昨年度からシステムの構築を進めてきた。

 まずは、各都道府県警が過去数年に扱った事案の情報をDBに入力してシステムを始動させ、新たな事案を追…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文642文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 徳島・三好市長 赤旗コラム盗用 市報に掲載
  5. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです