メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

「最後の地力足りない」競歩・銀の山西

陸上男子20キロメートル競歩、15キロ過ぎ、中国の王凱華(右)と競り合う山西利和=ジャカルタで2018年8月29日、徳野仁子撮影

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会は第12日の29日、陸上の男子20キロ競歩が行われ、山西利和(愛知製鋼)が1時間22分10秒で日本勢として2大会連続となる銀メダルを獲得した。山西との一騎打ちを制した王凱華(中国)が1時間22分4秒で優勝し、この種目で中国勢は4連覇となった。

 10キロ過ぎから続いた王凱華とのマッチレースが動いたのは、残り約500メートルだった。王凱華の後ろにピタリとつきながら、仕掛けるタイミングを探っていたが、暑さで先に消…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文572文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 大相撲 終始無言の稀勢の里、歴史的な3連敗で大きな窮地

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです