メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党

参院幹事長が石破氏の「正直、公正」に不快感

自民党総裁選に向けて政策を発表する石破茂元幹事長=衆院第1議員会館で2018年8月27日午後1時31分、川田雅浩撮影

 自民党の吉田博美参院幹事長は28日の記者会見で、党総裁選で支援する石破茂元幹事長(61)に対し、安倍晋三首相(63)への批判を抑制するよう直接求める考えを示した。石破氏が総裁選ポスターに「正直、公正、石破茂」と大書していることに対し、首相支持派からは「野党と同じだ」との不満が強い。

     吉田氏は会見で30日に石破氏の呼びかけで東京都内で会談することも明かした。吉田氏が総裁選を巡って石破氏と直接会うのは初めて。石破氏が首相の政治姿勢を争点化する姿勢を見せていたことに吉田氏は不快感を示しており、28日の会見では「あえて個人攻撃のようなことはない形で(総裁選に臨んでほしい)と申し上げたい」と語った。

     吉田氏が束ねる参院竹下派は青木幹雄元参院議員会長の意向を受けて石破氏支持を決めたが、吉田氏は首相と良好な関係。会見で吉田氏は首相について「国家のビジョンをしっかり語っている。『全ては国家国民のため』という精神は素晴らしい」と評価した。

     一方、立憲民主党の辻元清美国対委員長は記者団に「正直、公正と言えば個人攻撃になるということは、(首相が)うそつきで不公正だから個人攻撃になる。語るに落ちている」と語った。【高橋恵子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
    2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
    3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
    5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです