メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厳重注意処分

藤原氏 加計の車で岡山・今治間を移動

 梶山弘志地方創生担当相は28日の記者会見で、藤原豊内閣府地方創生推進室次長(当時、現経済産業省貿易経済協力局審議官)らを「文書による厳重注意処分」としたと発表した。2015年8月6日に学校法人「加計学園」を視察した際、本部のある岡山市から、のちに獣医学部が開設された愛媛県今治市への100キロ超の移動に際し、学園側の車を利用したことが理由。

     内閣府などの調査では、藤原氏は当初は公共交通機関を使う予定だったが、岡山での視察の際に学園側から「今治に向かう車に余裕がある。乗っていく代わりにもうちょっと視察してもらいたい」と提案があって応じた。金品授受や食事の接待はなかった。精算に際し藤原氏が官用車を使ったと記した点は「旅費が不要なら慣例的に官用車と書く」とされて不問となった。

     国家公務員倫理審査会が今月21日、「社会通念上、相当と認められる程度を超えて民間事業者の車両を利用した」として国家公務員倫理規程違反を内閣府に通知したことを受け、27日付で処分。当時の事務次官、官房長、地方創生推進室長も監督責任で厳重注意処分となった。退官した次官と室長を除く藤原氏と当時の官房長が実際に処分された。内閣府職員が民間車両利用で処分されたのは初めて。

     加計問題で明るみに出た文部科学省や愛媛県の文書では、藤原氏が「官邸の最高レベルが言っている」と発言したとされたり、柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が学園側に藤原氏と相談するよう促す記述があったりした。

     立憲民主党の長妻昭代表代行は取材に対し「相手方の車を使うのは、いろいろな意味で疑われても仕方がない。国会で説明してほしい」と述べた。【野間口陽】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
    2. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
    3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    5. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです