メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【お知らせ】現在システム障害のため一部の機能・サービスがご利用になれません
オリックス銀行

不動産収益をAIで予測

 オリックス銀行は28日、人工知能(AI)を使い、投資用不動産の収益を予測するサービスを9月5日からウェブサイト上で提供すると発表した。最長50年の賃料や経費の目安を示すことで、投資家が不動産賃貸に乗り出しやすくする。

     物件の売買価格や借り入れ条件などを入力すれば、経年による賃料の低下や空室率の上昇を考慮した収益推移が表示される。対象地域は首都圏と名古屋市、京都市、大阪市、福岡市の中心部で、無料の会員登録が必要。

     不動産情報ベンチャーのリーウェイズ(東京)のシステムを活用。約5800万件の不動産情報を参考にした。

     従来、一般の投資家は不動産業者の情報に頼るしかなく、不透明感を感じる声があったという。オリックス銀は不動産投資用の融資が中核業務で「不安を解消し市場の健全な発展に貢献したい」としている。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    3. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺
    4. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです