メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石弘光さん死去

世論の反発恐れず増税主張 硬骨の学者

小泉純一郎首相(当時)に政府税調の答申を手渡す石弘光氏(左)=首相官邸で2005年11月、川田雅浩撮影

 25日死去した元政府税制調査会長の石弘光さんは、世論の反発を恐れることなく自説を訴え続けた硬骨の財政学者だった。増税せず、将来の景気回復に頼った財政再建を目指す小泉純一郎政権以降の「上げ潮路線」を批判し、2006年に税調会長を事実上解任された後も、論調が衰えることはなかった。

 00年から約6年間にわたる税調会長時代、石さんは「必要な増税を先送りすべきではない」と繰り返し、景気回復をあてにした安易な財政再建政策を厳しく批判した。真骨頂と言えるのが、政府税調が05年にまとめた所得税改革の報告書だ。専業主婦を前提にした配偶者控除の抜本的な見直しなど、長年放置されてきた税制のゆがみを是正するとして、意欲的な内容を盛り込んだ。当時は「サラリ…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文800文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. ゴーン会長逮捕 閉鎖の工場地元「人情ない人と思ってた」
  5. ゴーン会長逮捕 ホンダ関係者「やったぜ日産」 投稿削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです