メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

追放男性が日本に帰国 政府、拘束経緯調査へ

 北朝鮮に観光客として入国し今月上旬に拘束され、国外追放となった杉本倫孝氏が28日午後、経由地の北京を空路出発し、同日夜、羽田空港に帰国した。日本政府は杉本氏から聞き取るなどして拘束当時の詳しい状況を調査。早期解放に応じた北朝鮮側に対日姿勢の変化があるかどうか慎重に見極める方針だ。

 杉本氏は28日午前、平壌発の高麗航空便で北京国際空港に到着。空港内で北京の日本大使館幹部らが待ち受け、帰国便への乗り継ぎを案内した。

 北朝鮮国営メディアは最近、安倍政権非難を強め、過去の植民地統治の清算を要求。拉致問題も解決済みと主…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文611文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです