メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井七段が青野九段破る C級1組で4連勝

 将棋の現役最年少棋士の藤井聡太七段(16)が28日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第77期名人戦順位戦C級1組4回戦で、青野照市九段(65)に112手で勝ち、4連勝となった。C級1組は39人が各10局指して上位2人がB級2組へ昇級する。青野九段は桐山清澄九段(70)に次ぐ現役で2番目の年長棋士で、最高位のA級には11期在籍した。

     藤井の順位戦初参加からの連勝は14となり、大内延介九段(故人)と並ぶ史上4位タイの記録になった。初参加からの連勝記録は中原誠十六世名人(70)の18連勝。順位戦通算では、森内俊之九段(47)の26連勝が最長記録。【山村英樹】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
    2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
    3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
    4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
    5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです