メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京地裁

相撲協会元顧問の請求棄却「雇用の事実がない」

 日本相撲協会元顧問の小林慶彦氏が、協会の事務総長職を任せられていたのに解雇されたのは不当だとして、雇用の継続などを求めた訴訟の判決で、東京地裁(阿部雅彦裁判長)は28日、「雇用された事実自体がない」として請求を棄却した。

     判決によると、小林氏は、協会の北の湖前理事長(元横綱)と2002年ごろから親交があった。12年には、小林氏が経営する会社が協会から危機管理業務を受託し、小林氏自身も協会の顧問とされた。

     小林氏は訴訟で、前理事長が死去する直前の15年11月の理事会で「事務総長」として雇用されることが承認され、採用辞令も交付されたのに、前理事長の死去後に不当に解雇されたと主張した。これに対し、判決は「理事会で全員一致で雇用が決まったとは認められず、採用辞令も小林氏か、指図を受けた者が偽造したものと推認される」と判断した。

     日本相撲協会は「非常に妥当な判決だ」などとするコメントを出した。【服部陽】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 是枝裕和監督、樹木希林さんの思い出ある映画祭で涙のスピーチ
    2. 支局長からの手紙 お世話になりました /愛媛
    3. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
    4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
    5. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです