メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

陸上110障害 高山が銅 12年ぶりメダル

アジア大会の陸上男子110メートル障害で3位に入った高山峻野=ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年8月28日、徳野仁子撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第11日の28日、陸上の男子110メートル障害決勝が行われ、高山峻野(ゼンリン)が13秒48で銅メダルを獲得した。この種目で日本勢のメダルは、2006年ドーハ大会の内藤真人の銅メダル以来、12年ぶりとなった。

 最後は必死の思いだった。最後の10台目のハードルを越えて、一つ左のレーンのムワラド(サウジアラビア)と3番手を争っていることが分かった。けがも恐れず、胸を思い切り前に突き出してフィニッシュすると勢い余って転倒した。0秒02差でムワラドに先着し、「意地でもメダルを取りたいと思って飛び込んだ。満足してい…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  2. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  3. グルメ 機動戦士ガンダム40周年記念!ガンダムオフィシャルカフェ『GUNDAM Café』が大阪・道頓堀の大地に立つ!(GetNavi web)
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/下 臨時応援団、総勢100人 /茨城
  5. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです