メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

男子シンクロ板飛び込み 日本勢初のメダル

飛び込み男子シンクロ3メートル板飛び込み決勝、寺内健(奥)、坂井丞組の5回目の演技=ジャカルタで2018年8月28日、宮間俊樹撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第11日の28日、飛び込みの男子シンクロ板飛び込みで坂井丞、寺内健組(ミキハウス)が408・57点で銅メダルを獲得した。

 2002年釜山大会から始まったこの種目で日本勢のメダル獲得は初めて。06年ドーハ大会以来のアジア大会の表彰台となった38歳の寺内は「率直にうれしい」と喜んだ。

 寺内と26歳の坂井が持ち味を存分に発揮した。4連覇中の中国が序盤から大きく抜け出す展開だった。2人…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文488文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです