メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

陸上混合リレーを初実施、日本は5位 

 ジャカルタ・アジア大会は第11日の28日、陸上で初採用の混合1600メートルリレー決勝が行われ、日本が3分21秒90で5位となった。バーレーンが3分11秒89で優勝した。出場は8カ国。この種目は2020年東京五輪でも初めて行われることが決まっている。

 男女各2選手が400メートルずつをバトンでつなぎ、男女の順番は各国・地域で決められる。日本記録で比較すると男女の400メートルは約7秒の差があり、戦略が問われる種目だ。

 日本は第1走者から木村淳(大阪ガス)、川田朱夏(東大阪大)、宇都宮絵莉(長谷川体育施設)、山下潤(…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文655文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです