メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

軽く小さく究極の探査ロボ「マスコット」10月3日着陸へ

マスコットの模型を持つトラミ・ホー・ドイツ航空宇宙センタープロジェクトマネジャー(右)とオーレリー・ムーシ・フランス国立宇宙研究センタープロジェクトマネジャー=東京都千代田区で2018年8月23日、永山悦子撮影

 小惑星リュウグウを探査中の「はやぶさ2」で、日本と欧州の宇宙機関との協力ミッションがいよいよ始まる。着陸探査ロボット「マスコット」だ。ドイツ航空宇宙センター(DLR)とフランス国立宇宙研究センター(CNES)が総額2500万~3000万ユーロ(約30億~40億円)かけて開発した。計画では10月3日、リュウグウの南半球に着陸し、表面探査に挑む。欧州の両機関のプロジェクトマネジャーへのインタビュー、記者会見での発言からミッションの展望をまとめた。【永山悦子、池田知広】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校で800キロのひさし落下、けが人なし 大阪・松原
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  5. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです