メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(46)ソ連の仕事Ⅸ 知られざる功労者

左から西岡、許夫人、西岡夫人、許。撮影時期、場所は不明だが、若々しい西岡らの表情から、ソ連との仕事が始まった1960年代前半と推測される=西岡昌紀氏提供

北朝鮮からの亡命者

 新芸術家協会(新芸)がソ連に食い込み、リヒテルやムラヴィンスキーなど大物音楽家の招請を実現させた背後には、ソ連在住の一人の朝鮮人の協力があった。許真(ホ・ジン)または許雄培(ホ・ウンベ)という名の北朝鮮からの亡命者である。美しい日本語を話し、ソ連文化省やゴスコンツェルト(国家音楽委員会)との交渉に大きな力を発揮した。

 新芸社長・西岡芳和がいつどのように許と知り合ったのかは不明だが、2001年に筆者がインタビューした…

この記事は有料記事です。

残り2652文字(全文2871文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです