メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

シニアPlus 日常のお金の管理、誰に? 外出大変なら社協に相談

日常生活自立支援事業を使い、お金の出し入れを頼む手順

 年をとれば足腰や判断能力はどうしても弱くなる。銀行に行って生活費を引き出すなど、日々のお金の管理に悩む人は少なくないだろう。1人暮らしが増えているほか、子供に財布を預けたら不安だと嘆く人もおり、高齢者にとっては切実な問題だ。日常的なお金の管理はどうすればいいか。【宇田川恵】

審査期間考慮し準備を/通帳預かりサービスも/預金口座は一本化

 「体が思うように動かなくても、ある程度の判断能力があればサポートしてもらう方法はいろいろあります」。そう話すのは介護や消費者問題に詳しいファイナンシャルプランナーの黒田尚子さんだ。

 病気や障害で外出するのが難しい人が「今月の生活費を銀行で引き出したい」「通信販売で買った商品の代金…

この記事は有料記事です。

残り1979文字(全文2288文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. ORICON NEWS [ガンプラビフォーアフター]創造力が生んだFAガンダム、「プラモ狂四郎」が果たした“ガンプラ脳変革”
  3. わいせつ行為 児童9人に 小学教諭を懲戒免職に 県教委 /長崎
  4. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  5. 戒告処分 相談軽視の発言 長崎市立中の女性教諭 /長崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです