メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 中学での居場所をなくし、家の部屋に閉じこもっていた少女、安西こころ。目の前で、ある日突然、鏡が光り始める。鏡をくぐり抜けると不思議な城にたどり着く。そこには、同じような境遇の男女6人が集められていた。

 直木賞作家、辻村深月さんの小説「かがみの孤城」。2018年の本屋大賞を受賞した長編ファンタジーは、なぜ多くの読者の心をつかんだのか。

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文874文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです