メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

来日 「オネーギン」など今秋上演

(左から)フォーゲル、アマトリアン、デートリッヒ、バデネス、ガニオ=斉藤希史子撮影

 劇的作品の故郷である独シュツットガルト・バレエが今秋来日し、団の十八番「オネーギン」などを上演する。「世界バレエフェスティバル」参加のため東京に滞在していた花形ダンサーらが記者会見に臨み、公演への意気込みを語った。

 20世紀半ばに芸術監督ジョン・クランコの下、人生の哀歓が渦巻く舞台で世界的名声を得たバレエ団。その躍進ぶりは「シュツットガルトの奇跡」ともたたえられた。プーシキンの韻文小説に基づく「オネーギン」は、クランコの代表作。恋心がすれ違う主人公オネーギンとヒロインのタチヤーナは、ダンサーが憧れる役の筆頭となっている。

 フェスティバルでも屈指の名演を見せたフリーデマン・フォーゲルとアリシア・アマトリアンが11月2日、…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  2. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  3. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 虐待 乳児を真冬に20時間放置し凍傷 容疑の母逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです