メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜・入院患者死亡

5人、病死と判断 診断書、「熱中症」触れず

 岐阜市のY&M藤掛第一病院に入院していた高齢患者5人が26日夜から28日夜にかけ、熱中症の疑いで相次いで死亡した問題で、病院側がいずれも死因を病死と判断していたことが30日、捜査関係者への取材でわかった。岐阜県警は業務上過失致死の疑いもあるとみて、司法解剖して死因について調べを進める。

 県警岐阜中署によると、死亡したのは83~85歳の男性3人と女性2人。病院側は死亡診断書で死因を多臓器不全や心不全などとし、熱中症との関係には触れていないという。医師法…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文572文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クレヨンしんちゃん 声優交代が“炎上”しなかった理由
  4. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  5. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです