メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もうひとつの動物園

守り・伝える/220 オランウータン/12 /東京

多摩動物公園とジプシー

 太平洋戦争が始まる前年の1940年、上野動物園の年間入園者は300万人を超え、飽和状態だった。終戦の45年はその1割に落ち込んだが、にぎわいを取り戻すのに時間はかからなかった。

 終戦の2年後には、都議会が二つ目の動物園建設の予算案を可決。都が想定した予定地は、今の新宿区にあった旧陸軍戸山学校などの跡地だった。

 ところが、この「新宿動物園」は幻に終わる。連合国軍総司令部(GHQ)が「動物園より住宅を」と難色を…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文517文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです