メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

老練政治家のすごみ=坂東賢治

 <moku-go>

 「私は年の取り方のスピードが遅い」。医師出身で、15年ぶりに政権復帰したマレーシアのマハティール首相(93)の言葉だ。

 ユーモアだが、半分はそう信じているのだろう。でなければ、政権返り咲きを目指したりはしまい。

 実際の政権運営でも年を感じさせない。今月中旬の訪中では老練、したたかという形容詞を超えたすごみを見せた。中国のシルクロード経済圏構想「一帯一路」関連プロジェクトにノーを突きつけながら、歓待されたのだ。

 米中貿易戦争激化で中国は周辺諸国との関係改善に動く。欧米と一線を画す東南アジア諸国連合(ASEAN…

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文987文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです